★☆★Chikugo style★☆★
筑後での生活の日々や仕事のこと、学んだこと、感じたことなど。

久留米大学ベンチャー育成講座                 
2月24日。2日目の久留米大学ベンチャー育成講座終了。

全5回の講座で、一日目は、久留米大学の藤田先生が、今後法規制が
強まる中で、それをチャンスと捉える環境ビジネスベンチャーの活躍が増えてくる事
また同時に、私達コンシューマーやグリーンイノベーターが環境ベンチャのみならず
環境活動を行う企業を支持していく事で、環境問題を身近なものと捉え
環境を守っていく意識が高まり、ライフスタイルそのものをより環境負荷の
少ない持続可能なものに変えていく可能性が開いていくという
お話があっておりました。

久留米大学ベンチャー育成講座 2007二日目も、とても楽しみな講演ばかりだったのですが、会場の準備や
裏方で、なかなか深くお話を聞くことが、できず残念!
でも、講師の方々のお話に会場の皆さん熱心に聞き入っていらっしゃいました。


特に講師陣によるパネルディスカッションでは、時間の制約があるなかで、
何故久留米で起業したのか、販売戦略などのお話があり、会場からの質問も
沢山出ていたようでした。

交流会も沢山の参加があり、学生さん、SOHOの方々、企業、大学、久留米市からと
いろいろな方の交流があり、料理は余り手つかずでしたが、皆お話に夢中になって
いらっしゃいました。

バナー人気blogランキングへ
その後関係者の打ち上げでは、何故か沖縄弁や鹿児島弁、大阪弁まで飛び出し
(講師の方々の出身がいろいろで)筑後弁の不思議や、沖縄の踊り(手のみ)などを
教えていただきました。

ビジネスの話もあちこちで始まったり、久留米との関係や文化の話など、
話があちこちに飛びながら皆さん良い感じに酔いが回ったところで
お開きに。
私は残念ながら、車でしたのでウーロン茶でしたが、海外を各国まわって
仕事をされた方や東京や沖縄にいらっしゃった方、いろいろな経験を持った方が
同じ空間で和気あいあいとお話される姿を見てとても楽しい気持ちになりました。
講師の竹内さまに、「地域に人材が集まる為には、魅力的な地域になる必要が
あるのでしょうか?」とお聞きすると、「活躍の場を作ってあげれば、いいよ。」
ということで、なるほど。
いろいろとヒントになりそうです。

さて、残すところあと3回。
次回は、身近な『コミュニティとベンチャー
   〜市民社会のイノベーションモデル〜』という内容で
山口大学 地域共同研究開発センター 客員教授古賀 敦之 氏に
お話いただきます。

お時間宜しければ、六ツ門大学にお集まり下さい。
: 日々の足跡 : comments(0) : - : wendy :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : スポンサードリンク :
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>